日帰りツーリング 谷汲山・華厳寺ほか2017/03/31

定例走り会をもっと真面目にやろう!!って事でもありませんが、
3月19日に「谷汲山/華厳寺」に出かけました。
結果的には、オッサンたちのお寺参り?‥実際線香臭かったし‥



メンバーは6台です。
久し振りにYAMAHA-ThunderACEと一緒でしたし、TRIUMPHもお初でした。




日帰りドライブと言っても、中途半端に時間はたっぷりですので、無理矢理「大谷スカイライン」というルートを経由して、揖斐川堤防道路を南下し、ここでバーベキューです。



基本セット(ウインナと野菜?)と席料(確か90分)とで、他は隣接の精肉直売店から好きなだけ買って、、という事でした。
少し昼時間をずらしたつもりでしたが、結構繁盛の様子でした。バイクのグループも多く見えました。



さて、今年の宿泊ツーリングのコースを考えなきゃ‥

仮日程としては、7月15日~16日、瀬戸内~淡路島~一部四国エリア、
って感じです。

文化活動 ~狂言など~2017/02/27

2月10日(日)、文化活動の一環として、初めて「狂言」を鑑賞しました。
My奥さんが仕込んできたニュースで、テレビの番組で大変興味を持ち、近所で講演?があれば是非に‥というお付き合いです。



旅行での道すがら、昔ながらの「能舞台」などの地方芸能のルーツに興味はあったので、二つ返事でチケットの手配を引き受けました。

会場の一宮市民会館の8割くらいの席が埋まり、この分野の根強いファン?の存在を知りました。
演題の内容には知見がありませんでしたが、パンフレットの説明と『萬斎』の事前説明があって、大変満足であり楽しめました。
次回も(市内開催にこだわらず)タイミングが合えば観に行きたいと思います。



会場(一宮市民会館)の催事案内に『3月5日(日)、落語/歌丸&文珍』の 落語会がありましたので、コレもついでにチケットを予約しました。
本を集めていた頃?(きちんと読むクセが無い‥買ったら満足する)、「古典落語」の本だけは繰り返し読んだ憶えがあります。(全5~6巻?)
なので、こちらの落語会も楽しみにしています。

         <三枝(文枝)、文珍、枝雀の落語は好きです>



ついでに“文化活動”の報告として、2月12日(日)には「日展」を観覧しました。
特に“作家に知り合い”がいるわけでもありませんが、開催のPRを見るたびに「見ておかなきゃ」という欲求が湧いてきます。

自分のジャンルごとの興味としては、工芸>日本画>書>洋画>彫塑、となります。

技術・技法の上手、下手は解りませんので作品の前で感じる好き嫌いだけです。




2月19日(日)には、バイクツーリングにも出かけましたが、定番の「知多半島」コースで、参加者も3台でした。お天気には恵まれたので、ちょっとお昼に海鮮丼みたいな感じで、帰路には「エビせんべい」と「明太子」に寄ってきました。

<えびせんべいの里>

<めんたいパークとこなめ>


まだ「山の方」に行くには早い‥。

2017年 氷見新年会2017/01/29

今年も「氷見新年会(1月7日/土~8日/日)」に参加しました。


新しい参加メンバーさんからの要望で、「新しい富山の街」を見よう
‥というテーマが採用されました。
動機は、20年ほど昔に仕事都合で生活していたらしい。

ならば、富山市役所の展望フロアーに上り、「立山」を眺望しよう~雪山景色に期待が膨らみます。



東海北陸道~五箇山~R156まま進行して富山市内へ。

途中の五箇山では「菅沼」を散策しました。この集落を散策するのは初めてです。
(相倉集落はこのブログでも紹介したとおり、複数回訪問)



新しくなった「富山駅」は市電(路面電車)?が構内に乗り入れており、駅ビル?も大きくなり、たいそう綺麗に様変わりしていました。

その後、目的地の市役所の展望階へ。


富山の街に入る時に「お天気都合は良好」を分かっていましたが、立山連峰の雪と背景の青空とのコントラストには感動です。
例年に無く“積雪は少ない”のは了解してはいましたが、これだけくっきりと冠雪を主張してくれれば大満足です。

       <富山市役所展望塔から立山連峰を眺む/1月7日午後撮影>



宿に向かう途中は射水大橋を通りました。
ここでもちょっとピンクがかった立山連峰の表情が静かに佇んでおりました。



宿泊は何度目かの「青柳」です。
「ゴハン」をふざけて食べるので、特別料金が必要なくらいです。





今年も「寒ブリ」の揚がりは少ないように感じました。
っていうか、ブランド化して(価格が騰がって)、民宿への回りが少なくなってきたのでしょうか?

この会を始めた頃は、どこの宿でもブリだけで“ゴメンナサイ”みたいなボリュームだったのは、記憶が妄想化してしまったのでしょうか。





2日目は、氷見番屋街で土産物を所望する立ち寄りです。
番屋の「魚屋」でも並んでいるブリは少なく、高価でした。




次の立ち寄り先は「射水神社」にて、お詣りです。






その後、今回の新しい採用テーマであります「金沢兼六園」に向かいました。
冬の風物詩であります「雪吊り」が季節を伝えるニュースのままで、ちっとも色っぽくなく、少し残念な心持ちでした。


              <まったく「雪」は見えません>



兼六園の散歩だけでもなぁ‥ということで「忍者寺」にも立ち寄りました。
ここも特にコメントするようなテーマはなく、忍者とは無縁‥という説明だけが記憶に残りました。



ワシ自身はホント久し振りの「北陸自動車道」で帰路につきました。
往復路ともに「積雪・降雪」とは無縁で、ドライブには有り難い行程でした。


この後、全国的に寒波、積雪に見舞われ、尾張平野でもこんな風景が見られました。

               <1月14日朝撮影の積雪5cm>




次回(2018年)も氷見新年会はあります!!

行く年来る年2016/12/31

今年も1年間お付き合い頂き、本当に有り難うございました。

月一回のネタがなかなか都合良く湧いてきません。

(努力と緊張が足りないか)


先日My奥さんがFREEDにて、出会い頭の衝突事故に遭いました。

進行方向が「黄点滅・徐行」、交差方向が「赤点滅・一時停止」であるが、「良し/悪し」をぶつかってから判定しても意味が無い‥、(ワシの持論では)下手同士だからぶつかる‥、片方だけでも上手であればぶつからない。

ドライブレコーダーで確認してみると、確かに相手の車は一時停止はしていないが(どれほどのスピードで走っていたかも分からない)、当方も減速しているので急ブレーキで回避出来なかったのか、残念。。

(My奥さんに“お前も下手だから”って言うと当然怒ります)

<減速はしているが、左方の車の進入が速いとミラーに映っても間に合わない>


          <ノーブレーキで突っ込んでくると「恐怖」を感じる>
実際、My奥さんは相当怖かったらしく、このレコーダーの映像、画像を見たくないと
頑なに拒んでいる。

<フロントガラス左下が割れた‥エアバッグは横衝撃での作動はどうなんだろう>





新車に替える余裕は無いので、保険の範囲で修理することにしています。



ただ、My奥さんは横からの衝突ショックで「脇、首が痛い」と訴えています。

他人が交通事故で“首が痛い‥”と言うのをよく聞きますが、いつまでも“ウダウダとゴネている”と思い込んでいましたが、実際そういう痛みが続いたり、後遺症ってあるのだ、と考えが改まりました。




さて、バイクネタについては、
今年の宿泊ツーリングは参加できず(デイツーリングもまるっきり!)、先日の忘年会兼反省会では『出席率』を追求されました。


仮プランではありますが、来年の宿泊ツーリングは「淡路島」です。   おそらく計画係になるのでしょうから今から気合いが入ります。



1年を振り返って、まあまあ安全に過ごせたことに感謝し、新しい年も事故の無いようお祈りします。
皆様良いお年を‥   交通事故に気をつけてね‥


天生峠2016/11/30

11月の初め、家人(My奥さん&My母親)は行ったことが無い五箇山の蕎麦を食べようと、久し振りのドライブです。


               <相変わらず真面目を感じます>




帰路には気になっていた「天生(あもう)峠」の様子も見に行きました。
特別の馴染みはありませんが、My奥さんが一度散策してみたい‥という背景があります。






                    <11月3日朝に降雪>
すでに白っぽい雪が見え、山深さを十分感じることが出来ました。



数年前の大雨、土砂崩れで長らく通行止め状態でありましたが、直前の調査では開通しています。ただし、もう何日かで“冬期通行止め”となります。
(白川郷から飛騨古川に抜けるR360)



白川郷は特に景色を愛でる事も無く、「秋の風景」はそれなりに、、という感じです。







ところで、皆さんならどうします?

クレーム(申し出)が1件しか届いていないので、回収とか代替交換は行わない‥とさ。
たとえば、どこかの機関に非破壊検査を頼んだらその費用は負担してもらえるのだろうか?


結局は最悪の費用想定よりも回収~交換した方が安上がり(信用失墜のダメージもある程度軽減)だと判断するのが「今時の普通」だと思うのだが。




他の人に不買を勧めるつもりは毛頭無いが、メーカーの対応がこのままなら今後は『この商品は買わない』です。



郡上八幡~せせらぎ街道ツーリング2016/10/30


10月16日、久し振りに「走り会」に参加出来ました。


行き先は『高山』です。
(前回計画が雨天中止となり再トライです~高山の街は視野にありません)
「高速隊」からドカの新メンバーが参加され、合計8台のチームです。
東海北陸道の長良川SAにて集合、


往路はツーリングコース定番の“せせらぎ街道”で、郡上ICからのまだ紅葉には程遠い、緑の風を感じながらゆったりとドライブできました。


               <濃尾平野よりは“涼しさ”を感じる>





昼(目的地)はココです。 駐車場はバイクで満車です。とにかく並ばねば‥列の長さの割には回転が宜しいようで、(名物メニューの注文が殆どなので、店は助かる?) 1時間弱の待ち時間で着席できました。




「お薦めメニュー」で満腹、大満足でした。  豆腐ステーキ、ホルモン焼き、イカ焼き、
写真4人分のオーダーです。






帰路?には「宇津江四十八滝」に立ち寄りました。



運動不足では無い(いわゆるワシ以外)メンバーはどこまでがコースかは不明ですが、途中の風景の中で写真を撮ってきました。


            <どこまで登ったところかは知りませんが‥>






バイク走行中には寒ささえ感じる時候でしたが、久し振りのツーリングで楽しかったです。


年内はもう一回ありそうなので是非参加したいと思います。


皆さん、次回再会まで「仕事第一」「安全第一」で。。

遠近両用眼鏡2016/09/28

バイク・ツーリングのネタが無いので「文化活動」の一端を報告します。

なかなかメンバーさんの仕事都合とお天気模様とのマッチングが適いません。



「本」は相変わらずのテーマとして“原発”“大陸”“半島”などに傾いています。
学校/教育で習った真実では無い歴史知識を正しく学習し直したいと心から思っています。


            <ZARDは全曲、SuperflyはGood-byのため>



音楽では、ライブラリという訳ではありませんが、「矢沢永吉」「高橋真梨子」「ZARD」「長渕剛」「吉田拓郎」「井上陽水」「かぐや姫」「竹内まりや」「堀内孝雄」「サザンオールスターズ」「今井美樹」「Superfly」「綾戸智恵」などはCD/DVDを買い求めています。

洋楽では「THE BEATLES」「Celine Dion」「Enya」「Eric Clapton」「Ray Charles」「Stevie Wonder」など、勿論単品で“Born to be wild / Steppenwolf”もあります。

保存フォルダーを眺めると「187」のアーチストがカウントされます。チャラい学
芸会グループは遠慮しています。絶対的に歌唱力があり、まともな歌詞、歌詞を理解できるメロディーが選択購入の要素です。


アルバムの中には「数合わせ」的な楽曲内容もたくさんありますけどね。
お気に入りが1曲有ればそれなりに満足はします。



音楽をスマフォ・携帯で済まそう‥という考えもあるのですが、車中でもナビのディスクにそれぞれ保存してあるほうが何かと安心します。

もっとも、icloudとかGoogledriveとか勝手に取り込まれて有事の際には“ハイどうぞ!”ってのを余計なお世話だと。



文化活動とは無関係ですが、モニタを見る距離でずーっと「焦点距離」が合っていたのですが、それもだんだん滲んできたような気がして眼鏡屋に出向きました。

数年前に遠近両用のを頼んだデータとの比較で、それほど視力が悪化したわけでは無いとのことでしたが、納得がいかないので「最近」に合わせて買いました。

結果は、以前の方が見やすい‥。余計納得がいきませんが返品も出来ません。


                   <納得いかないが‥>



意味は無いけど、眼鏡屋の店頭でこんなモノを見つけたので、さっそく我が家にもひとつ有っても良いかな?
無理矢理“メガネつながり”‥ってことで。


               <綺麗になることは良いことだ>




眼鏡は綺麗になって、視界は明るくなったかも知れないけど、
見通しはゼンゼンね~? [ My奥さん ]

何だそれ。